ココナッツオイルとアルツハイマー

アルツハイマーの改善のため、ココナッツオイルに白羽の矢

従来、アルツハイマー型認知症は、不治の病だと思われてきました。
ですが最近、治療は可能かもしれないという研究結果が提示され、アルツハイマー症の特効薬として、ココナッツオイルに白羽の矢が立てられています。
ココナッツオイルの主成分は、中鎖脂肪酸です。
摂取後は、肝臓でケトン体へ変化し、脳へも運ばれます。
ケトン体は、脳のエネルギー源となり、アルツハイマー症の悪化に歯止めをかけるというのです。
脳は通常、ブドウ糖を唯一のエネルギー源としています。
ところが飢餓状態(無理なダイエットなど)でブドウ糖が極端に不足すると、ケトン体を合成するようになり、ブドウ糖の代替エネルギーとして利用されるようになります。
一般に、アルツハイマー症の患者は代謝機能が低下し、ブドウ糖をうまく使えない状態になっています。
ココナッツオイルでケトン体を補うことで、アルツハイマーの改善につながるというのです。

書籍で一躍注目されたココナッツオイル

アルツハイマー改善のためにココナッツオイルが注目されたきっかけはある書物です。それは「アルツハイマー病が劇的に改善した!」というタイトルで、リード文には「米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効果」と書いてあります。

 

 

このように注目されるココナッツオイルですが、そのポイントは、ケトン体にあります。
ケトン体は、糖質制限をして血糖値を強制的に下げることで、強制的に産生を促すことができます。
ですが、タンパク質や脂質だけで必要なカロリーを得ようとする糖質制限は、腎臓への負担が大きくなり、血管の健康にも影響があるので、素人が実行するのは、大変に難しいものがあります。
対して、ココナッツオイルでケトン体を補う方法は、はるかに実行しやすいものです。
通常の食事に、ココナッツオイルを加えるだけなので、食事バランスを崩す心配もありません。
アルツハイマー症の改善には、ココナッツオイルは1日に大さじ2杯が目安だとされています。
摂取するそばからエネルギーになってしまうので、食事療法は毎日続ける必要があります。

ココナッツオイル製品

ココナッツオイルの恵みは「食べる」「飲む」「塗る」などいろいろな形で得られます。
製品としても、オイル原液をそのまま瓶詰めしたものやパウチ状にしたもの、飲みやすいカプセルにしたサプリ、石鹸やソープなどいろいろ。
別ページにそれらの製品情報をまとめてあります。
参考までにどうぞ⇒クリック!