ココナッツオイルのダイエット効果

ココナッツオイルにダイエット効果ってあるの?

ちまたでは、ココナッツオイルのさまざまな効能が評判になっていますが、ダイエット効果については、中でも注目度大です。
オイルを摂ってやせるとは、考えてみれば不思議な話かもしれません。

 

ココナッツオイルの主成分は、中鎖脂肪酸です。
この中鎖脂肪酸こそ、ダイエット効果を高める上で主要な働きを成しているというのです。
中鎖というからには、長鎖脂肪酸もあります。
ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、イメージ的に長鎖脂肪酸の半分ほどの長さで、摂取後は体内ですみやかに分解・吸収され、エネルギーとして使われます。

 

中鎖脂肪酸は、すぐにエネルギーになるので、低カロリーのオイルです。
しかも、燃焼の過程で、体内にしぶとく蓄積していた脂肪も道連れにして燃焼を促すので、だんだんと太りにくい体質へと変換していくのです。

腸も元気になる

また、ココナッツオイルは、小腸内で絨毛に入り込み、小腸の汚れを除去し、活性化させる働きもあります。
小腸の働きを高め、基礎代謝がアップさせることで、ひいてはダイエット効果を高めてくれるという訳です。
さらに、ココナッツオイルには便通を良くする食物繊維が豊富なことも要注目ポイントです。加えて、抗酸化成分ビタミンEも豊富で、免疫力がアップすることも、ダイエット効果を上げてくれるものと考えられます。

そもそもはアメリカのセレブが発端

そもそも、オイルを使ってのダイエット効果は、ミランダ・カーなどアメリカのセレブの間で評判が高まったことが、発端となったものです。
油をもって脂を制す、というのは意表を突いた発想ですが、確かに脂肪を馴染ませて除去するには、同系統の、しかも健康に良い油を使いのがベストということなのでしょう。

ココナッツオイル製品

ココナッツオイルの恵みは「食べる」「飲む」「塗る」などいろいろな形で得られます。
製品としても、オイル原液をそのまま瓶詰めしたものやパウチ状にしたもの、飲みやすいカプセルにしたサプリ、石鹸やソープなどいろいろ。
別ページにそれらの製品情報をまとめてあります。
参考までにどうぞ⇒クリック!