ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルの使い方としてポピュラーなのが飲む、食べる

ココナッツオイルの基本的な使い方は、食べるか飲むかというものです。
最近では、スキンケア用品の代用品として重宝されるようになり、応用範囲が広がっています。
ココナッツオイルのポピュラーな使い方は、飲み物に少量入れるというものです。
紅茶でもコーヒーでも良いのですが、温かい飲み物に、大さじ1杯を目安に入れるのがポイントです。まろやかな味になり、一味違った風味が得られます。

 

食べる方では例えば、ココナッツオイルをバターの代わりにトーストに塗る食べ方もあります。
多くの料理に合いやすいのが特徴で、ドレッシングとしてサラダと混ぜていただくのも、乙な使い方です。

ココナッツオイルを身体に塗る

一方、ココナッツオイルは体に塗っても良いものです。
洗顔の後で乳液の代わりに塗ったり、ボディクリームとしても使えます。
成分的に、人間の皮脂に近いので、優れた親和力を示してくれます。

クレンジング剤としても使える?

また、クレンジング剤の代用としての使い方もあります。
一般的なクレンジング剤のように、顔に塗ってメイクを馴染ませたら、水かぬるま湯で洗い落とすだけです。
メイク落としをした後も、適度に保湿ケアができた格好になり、かんたんな乾燥肌対策になります。

ヘアケアにも使えるココナッツオイル

最近では、髪の補修効果が評判になり、ヘアパックとしての使い方も人気があるようです。
パック後は、ツヤのある髪になり、サラサラの仕上がり感も好評です。
ただし、ココナッツオイルは、つけすぎるとベトベトになってしまうので、その辺の加減は、初心者には少々難しいかもしれません。
他にも、さまざまな使い方を工夫するのも楽しいものです。
食べて良し、体に塗って良しで、今ではすっかり万能オイルとして重宝されるまでになっています。

ココナッツオイル製品

ココナッツオイルの恵みは「食べる」「飲む」「塗る」などいろいろな形で得られます。
製品としても、オイル原液をそのまま瓶詰めしたものやパウチ状にしたもの、飲みやすいカプセルにしたサプリ、石鹸やソープなどいろいろ。
別ページにそれらの製品情報をまとめてあります。
参考までにどうぞ⇒クリック!