ココナッツオイルの効能

ココナッツオイルにはどんな効能が?

ダイエット

 

ココナッツオイルのいろいろな効能が話題になっています。
ひとつのきっかけは、アメリカのセレブリティが美容や健康、ことさらダイエット目的に重用するようになったことでしょう。
あの有名なマドンナをはじめ、ミランダ・カーやグウィネス・パルトロウなど、その愛用者の名簿はキラ星のようです。
ココナッツオイルと「油」であるにも関わらず、どうしてダイエット効能で注目されるのでしょう。
それはココナッツに含まれる「油」が植物性の脂質であり、しかも「中鎖脂肪酸」であるからです。
中鎖脂肪酸は速いスピードでエネルギーへ変換される性質を持つので、体内に蓄積されることがありません。
しかも、燃焼の過程で、体内にしぶとく蓄積していた脂肪も道連れにして燃焼を促してくれるのです。

 

美肌

 

ココナッツオイルは肌に塗って使うこともできます。
もともとオイルですから保湿の効能もあり、クレンジングにも使えます。
また、食した場合でも、美肌に効能が期待できます。
ココナッツオイルには、葉酸やビタミンC、ビタミンBなどのビタミン類、そして各種ミネラル類が含まれ、さらにむくみの改善にも働きが期待されるカリウムなども含まれています。

 

アルツハイマー

 

最近注目を浴びているのがアルツハイマーに対しての効能です。
メアリー・T.ニューポートという人が書いた「アルツハイマー病が劇的に改善した! 米国医師が見つけたココナツオイル驚異の効能 」という書籍がそのきっかけです。
読者のレビューを見ると、認知症の不安を感じる人や認知症の家族のいる方などが購入しているようです。
そのコンセプトは「ケトン食療法」というもので、脳のエネルギーであるケトン体をどうやって食事で補うかがポイントになっています。
通常の食事でこの「ケトン食療法」をしっかりやろうとするとなかなか難しいのですが、それに最適なのがココナッツオイルだと言われます。

ココナッツオイル製品

ココナッツオイルの恵みは「食べる」「飲む」「塗る」などいろいろな形で得られます。
製品としても、オイル原液をそのまま瓶詰めしたものやパウチ状にしたもの、飲みやすいカプセルにしたサプリ、石鹸やソープなどいろいろ。
別ページにそれらの製品情報をまとめてあります。
参考までにどうぞ⇒クリック!
更新履歴